オールインワンゲルと日焼け止め

ひとつで何役もこなすオールインワンゲルですが、贅沢な美容成分がたくさん入っているものが多いようです。

例えば、「プラシーゲルモイスト」には、プラセンタ・EGFに加えてコエンザイムQ10・スクワラン・ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン・イソフラボン・3つのビタミンC誘導体など、高級成分が贅沢に配合されています。

最近よく耳にする「プラセンタ」には美白、保湿、細胞の増殖再生といった作用があるそうです。

これほどまでに高い美容成分が含まれているオールインワンゲルで実現された潤い美白の肌を維持するには、他に何が必要なのでしょうか?

それは、肌の衰えのもととなる日焼けを防止することなのです。

日焼けは皮膚内部に入ってきた紫外線に対し、皮膚がメラニン色素を産出してその侵入を防御するために起こる現象です。

日焼けはシミやシワをはじめとする皮膚の老化につながりますから、とくに20代以降の女性は注意が必要です。

したがって、オールインワンゲルでスキンケアをした後は、プラスアルファで日焼け止め効果の高いクリームをつけることで、健やかな肌がさらに保たれるでしょう。

オールインワンゲルの後に日焼け止めをつける、という習慣をつけましょう!




このページの先頭へ